あめ、ときどき はれ
思いつくままに書きたい事を 分散的に突発的に 趣味全開で書きます。
10 | 2017/03 | 11
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップランナー 【小菅 優】
今、この間の月9ドラマ『のだめカンタービレ』のおかげで
クラシックCDが凄い売れているそうだ」。

ん?話題が古いか(笑)

この記事を書いた理由は『のだめ』ではなく
好きなテレビ番組の一つ、トップランナーに出ている

天才ピアニスト【小菅 優】の回を見たからだ。

彼女は3歳からピアノを始め10歳でドイツへ。
始めてすぐにその才能を認められ
自分で決めてドイツに渡ったそうだ。

そして15歳でCDデビュー、それからも出し続け
その評価は地元ドイツでも五つ星!★★★★★

そんな彼女の好きな教科は数学。
その理由は答えがあるから。

音楽には答えが無い。
ただ自分なりの正解を見つけたときの
喜びは何者にも代えがたいそうです。

この番組の中で彼女は何曲かを紡いだ。
その中でもインパクトがあったのはタイトルからして凄まじい。

『超絶技巧曲』
ホントはもっと長いのだがこれだけが頭に焼きついた(笑)
天才【リスト】が造った趙難易度の曲。

書き始めはなんと10歳。
そして40年!もかけ50歳の時に完成。


その曲に触れ始めた瞬間、その刹那。
・・・まるで別人のような表情。

何かが乗り移ったのか彼女の表情は一変する。

時に険しく時に優しく。
わずかな隙も無くガラリガラリと変化する。

曲の波を支配する。
練習に裏づけされたテクニック。

クラシックを普段聞かない素人の僕に
情感豊かな演奏ではっきりと何かを伝えてくる。

たとえブラウン管越しであろうと
音の粒は僕の耳に入り鼓膜を伝い感情を呼び起こす。

そして2曲目が僕にはジャスト。

普段早送りしてしまう部分を
僕は集中しているような、はたまたポーっとしてるような・・・
そんな感覚で聴いていた。


彼女は言っていた。

その人の伝記を読むよりも
譜面を見た方がその人物が良く伝わる、と。
曲を聴き曲を弾く。

そうすることで、その相手とつながるのだろう。
少しイントネーションが
おかしくなってしまった日本語で彼女はそう話した。

彼女のプロ論。




パッと閃いてパッとアレンジする。





それがすぐ出来るのが





プロという職業だと思います。






そう、当たり前の事は出来て当たり前なのだ。
そこから一歩も二歩も踏み込めるのがプロと言えるのだろう。

音楽、映画、本のカテゴリは、もう一つのブログ
【MUSIC RAIN-BOW】にあります♪

次回が楽しみ♪
タグが貼れない!(笑)こちらも、よろしければ♪ 


深海
僕は昔から海の生物が結構好きなんですが
中でも好きなのが深海の生物。

何が出てくるか分からない感が凄い好きなんです。
未知の物って好奇心そそられませんか?

たまたまyahooニュース見てたらこんなニュースが。

深海サメの撮影に成功。
20070124192709.jpg


その名は【ラブカ】
普段は水深600メートル程の所に生息していて
滅多に撮影はされないようで今回のニュースになってました。

サメはかなり好きなジャンル(笑)なんです。
よくスカパーのディスカバリーチャンネルで見てました。

以外にレア物のサメは多く、
最近?ではメガマウスという、名の通りの
口がでっかいサメの写真も公開されてましたね。
確かこれも深海だったような。

最近、一気に500種ほど見つかった例もあるらしく
やはり深海はまだまだ発見される生物も多いですね。

まだまだ僕の興味を惹きつけてやまないです(笑)
コウモリダコとかも凄かった。

まぁ、アマゾン川も
いまだに新種がどんどん見つかってるらしいですけど。

んー、未知って言うものほど知りたくなる。
そういうのってありますよね。

音楽、映画、本のカテゴリは、もう一つのブログ
【MUSIC RAIN-BOW】にあります♪

深海好き♪
タグが貼れない!(笑)こちらも、よろしければ♪ 


写真家 【梅 佳代】 from 情熱大陸
新人なら3000部。
これがヒットと言われる写真集の部数だそう。

写真家、梅佳代(25)は言う。

『写真は思い出作り』

そう言う彼女の初めての写真集『うめめ』
去年出版されてもうすぐ30000部。なんと十倍!
異例のヒットとなっている。
20070117112804.jpg


その本のキャッチコピーは

『最強、ご近所写真!!』

日常の中の一瞬。
コンマ何秒の奇跡のような一枚。

日常のにある中の異常を切り取る彼女の写真には
まるでボディーブローのようにジワリと効き
気がつけばノックダウンされてしまう。

紹介される何枚かを見るうちに思わず僕も噴出してしまった。

そんな彼女はどういう人物なんだろう???
ちょっといくつか紹介してみます。

考え中♪

彼女は考え事をする時のクセがある。
それは、ひたすらにお菓子を食べ続ける。

大阪で大規模な個展が開かれることになり
現場でそのアイデアを考えながら食べ続けたお菓子の量

なんと1200円分!映像でみた所、袋タイプのスナック菓子。

と言うことは、
単純に120×10袋として一袋が大体350k㌍として

3500k㌍!!!

どんだけのスポーツマン!?
しかも栄養偏りまくりですけど(笑)

驚いたことに彼女は痩せ型の体形です・・・うらやましい(笑)

ルーム♪
あちらこちらにお人形!
かわいく飾るというよりも面白く(笑)

廊下のど真ん中(来客があった時にビックリして欲しいそう)
キッチンにも。(面白いから・・棚や濡れそうな場所もお構いなしw)

口調
常にマイペースなため口(笑・・憎めない。)と、たまに敬語。
考え中でも仕事中でも、基本喋りっぱなし。
表現に擬音が多くイメージをうまく言葉にできない。
(だから"撮る"んだろうけど)

未来
将来のビジョンは無い。
それを口に出すと暗示にかかってしまうから。

継続
8年前から自分のおじいちゃんを撮り続けている。
時間があれば故郷に帰り、撮っている。

そんな彼女の写真を撮るという意味・・・




過去を撮り溜めて



懐かしみたいわけじゃない



楽しい今を創るために



写真を撮っていきたい




きっとこの人は本能の人なんだろう。

いや、もっと細かく言えば
本能を追い続けたい人なんだろう。

そこが実に人間らしくて良いな。と思った。



ここから、ちょっとだけ作品が見れます。オススメはロッカーの写真かな(笑)


音楽、映画、本のカテゴリは、もう一つのブログ
【MUSIC RAIN-BOW】にあります♪

興味ありっ♪
タグが貼れない!(笑)こちらも、よろしければ♪ 

邂逅
今年ラストを飾る本日は、
もう一つのブログ【MUSIC RAIN-BOW】との連動企画になってます♪
音楽に興味が無くてもたまには見てみませんか?
僕はかなりの雑食なので、もしかしたら1つくらい
素敵な音に出会えるかも・・・?



【邂逅】という言葉を知っているだろうか。
簡単に言うと、【巡り合う】という意味だそうだ。

一つの出会いによって生まれた邂逅が
また新しい自分を創り、育ててくれる。

新しい何かに出会って刺激を受けて
蓄えたものを吐き出し、また新たな邂逅を得て
さらに進化した自分を生み出してゆく。

あまり意味の無いように感じるもの
とても嫌な思いをしたように感じるもの

そんな出会いも一つの邂逅であって
きっとそれは必然でなにかのステップでもあるんだろうな。
と、僕は思います。

そう思えば少しは嫌なことでも軽くなりませんか?

いつもこんな真面目に感じている訳ではないですが
たまには、というか年末ぐらいは良いかな(笑)

この言葉も【MUSIC RAIN-BOW】で紹介したミュージシャンの
言葉を自分なりに解釈して広げただけですが
これも邂逅によってまた少しだけ自分が広がった、って事かも。

もちろん忘れる出会いもありますけど(笑)
ただ何かしらの意味はあると思いますよ。

今年はいろんな事がありました。
始めにとても辛い事があって、夏前にもまたあって。

前半は結構どん底でした。光が見え始めたのは秋前。
それから年末に向かって良い事が多めでした。
それにもいろんな出会いのおかげでした。

終わり良ければ全て良し。

そんな一年になりました。
心配事もありますがきっと良い方向に向かうでしょう。
そう思えるのがこのブログの一番最初に書いた記事とリンクします。
良ろしかったら見て下さいな。

あめ、ときどき はれ 

この晴れ間を信じて動くのみ。来年も楽しみます♪


ブログの人も仕事の人も友達も。
今年はお世話になりました。来年もまたよろしくお願いします。

来年の幸運と素敵な邂逅を願ってます。

             たろたろ.



音楽、映画、本のカテゴリは、もう一つのブログ
【MUSIC RAIN-BOW】にあります♪

来年もよろしくポチッ♪
タグが貼れない!(笑)こちらも、よろしければ♪ 



算数塾講師 宮本哲也 from情熱大陸 後編
先日の続きです。
前回の記事はここをクリック


スタッフの一人が質問をした。

それは『何故、全く喋らないのか?』と。
それに対し宮本は適切な距離感だと思うと言っていた。
全然なげないしこうする事で伸びるから、と。

子供の意見はこうだ。
答えをすぐに言われたりヒントを出されると
それを待ってしまうようになるから。
気持ちが緩んでしまうので厳しい方が良い。

まぁ、こういう意見が出る生徒はある程度通ってて、
それなりに目的がある。というのは間違いないんでしょうね。

ただ彼の持論としては、計算力を身に付ける前に
思考力を身に付けなければならない。

そしてなによりも、そういう生徒を見て
自分の方がエネルギーやイメージの原動力を貰っているとの事。

そして彼の書く本は教育部門の1-5位を独占している。
その理由が解く楽しさにあり、読者からも
もっと出して下さいとのリクエストが絶えないという。

彼は問題を作るときに決めていることが3つある。
それは問題が出来るまで寝ない、食べない、教室から出ない。
どれも思考力に影響ありそう(笑)

ヘッドフォンに大音量でハウスやロックをかけながら
独り言を放ちながら作る。
僕ならこの光景は見せられないかも(笑)

趣味はスキューバダイビング。
仕事が一段落すると一人で海外へ。
そして撮った写真を絵葉書にして受験前の子供に送る。
たんたんとした印象を持たせるが、気持ちは最大限応援したいと。

彼の授業スタイルは彼の考える最大限能力を伸ばす方程式なんだろう。

そして彼は最後にこう言った。

『子供達は中学受験の目的にして欲しくは無い。』

何故なら・・・




そこに受かっても終わりじゃない



ハードルを越えたら



もっと高いハードルがあるだけ



だから・・・



ハードルを越えるという事を



喜びとしなければ。



人生はとても辛いものだと思うから。



そう。
受験が全てでもゴールでもない。

そして、続きのコーナーでもう一言。


音楽、映画、本のカテゴリは、もう一つのブログ
【MUSIC RAIN-BOW】にあります♪

なるほど♪
タグが貼れない!(笑)こちらも、よろしければ♪ 

[READ MORE...]
T&F
注意!*この話は自慢話では無いですよ(笑)


みなさんの周りに有名人がいませんか?

よく聞く話が、親戚に・・・とか友達の友達の・・・とか。
いったいどこまで行くんだ!って言う話をたまに聞きます。

僕の周りでもそういう話は出ますが、
一番身近な話が”親友Kの弟T”です。一応部活の後輩。
会えば挨拶くらいは。っていうぐらいですけど。

彼は、あるバンドのメンバーで、結構有名です。
紅白にも出たことあります。ねっ、そこそこでしょ?(笑)

そんな彼の何が話したいかと言うと、
彼の、というか家族全体なんですが本当に純粋で優しいんです。

今の世の中で珍しいくらい。
あくまで僕の知る範囲ですがw

もちろん、そんな人達はいっぱいいると思います。
ですが、少しだけ書かさせて下さい。

彼は上記の通りブレイクして世の中に出て有名人になりました。
これは僕のイメージですが、いったんそうなると
環境が変わり、多少なりとも摺れていき
なかには、がらっと変わる人もいるのではと思います。

しかしTは全く変わらない。

おばぁちゃんが危篤のときも、忙しい弟を思い
隠していた家族を叱り、合間合間を見つけては日帰りの日々。
そんなに短い期間ではなかったと思います。

亡くなった時は誰よりも泣き続けていたそうです。

東京に行き10年ぐらいたつのに、今でも家族への連絡も欠かさない。
先ほど書きましたが、彼が優しいというか、家族全員がとても暖かい。

そうじゃない人を否定とかでは無く、ただ暖かいんです。

冷たいようで暖かいとかもグッときますけどね(笑)

ただ僕が思うのは、普通はもっと距離がありそうだなって思うんです。
それぐらいで普通じゃないかなと。

特殊な世界でデビューして、しかも売れて。
なのに、びっくりするくらい変わらない。

Kから話を聞くたびに、その事に驚きつつ、

僕の心は春の穏やかさにも似たほんわりとした気持ちになるんです。

音楽、映画、本のカテゴリは、もう一つのブログ
【MUSIC RAIN-BOW】にあります♪

ふーん♪
タグが貼れない!(笑)こちらも、よろしければ♪ 







算数塾講師 宮本哲也 from情熱大陸
いきなりですが問題です(笑)


枠内を1から3の数字を使って足した合計を
枠内の数字になるように入れて下さい♪
ちなみに縦、横の一列で同じ数字が、かぶってしまったら駄目です。
番組に出たのと同じ問題です。
20061215113340.jpg


まぁ、簡単ですね。次の問題も同じです。
ちなみに9歳の子が10秒で解きます♪
マジックで消した跡は無視してくださいね。
20061215113722.jpg


まぁ、どちらも初級編ですね。以外に楽しかったのでは?
今回はそんなお話。




算数塾?

パッと頭に浮かんだのは公文式。
遊んでばかりいた小学生時代。

自分も含めて周りには中学受験など無縁だった。
時代なのか、それとも単純にまわりがそうだっただけ?(笑)


ある塾に難関中学校の合格率80%を誇る塾講師がいる。

宮本哲也。

自らを『無手勝流算数家元』と名乗るこの人。
合格率80%。
この数字の凄さは、ある条件を聞くと尚更ビックリするだろう。

彼の塾は生徒を選ばない。倍率20倍の入塾の方法。
それは先着順。ファックスでの受付だけである。
何のことは無い入りたければやる気と根気が、それと運が必要なだけ。

能力で選ばないうえでの、この合格率だからこそ
彼の塾をすがる子供や親たちが絶えないのだ。

ちなみに入塾募集の当日。定員は20名。

日が変わった午前零時ジャスト。
それと同時に朝までひたすら鳴り続ける電話。
一晩だけで120件を超えた・・・

この人気塾の指導法は何なのか・・・
見ていると、そこには今まで見たことも無い風景があった。

まず、子供の殆どが30分前から席に着く。
そして一言も喋らない!ビックリである。

彼の塾は週に一回。3年生から6年生まで。
一ヶ月をそのローテーションで回る仕組みだ。

3年生と言えば年齢はまだ一桁!
いくら進学を目指すとは言えわずか9歳の子が一言も喋らないなんて
僕には驚きでしかなかった。

おそらく初めからでは無いのだろうが
徐々にこういう風になっていくのだろうか?
徐々にという風に思った理由もこれから話していきます。

そして授業内容だがこれも異様。
まず質問は一切受け付けず、さらに終了後の質問も禁止。
徹底的に問題を出しひたすら解かせる。

これでどうやって、学力を上げるの?
何故わざわざ、この塾に来る必要があるの?

そんな疑問も浮かぶかもしれない。
その秘密はこの問題にある。

『計算ブロック』と呼ばれるパズル形式になった問題。

この計算をやることによって飛躍的に上がるものがある。

それが思考力。ただ形に当てはめるだけでなく
自らが考え、自分で考える力を身に付けていく。

これが他の所と最大限に違うところなんだろう。

子供達は作り出される緊張感で喋らないのもある。
それだけでないのは自らが喋ることを必要としていない
と言うこと。

それは問題に正解し、
宮本からの一言を貰った時の崩れるような笑顔が全て。


子供達は真剣に、


緊張感を持って、


何よりも楽しんで


解いていたんだと思う。



さらに次回へ続く。

ちなみに問題が簡単すぎた方へ♪
続きの方に中級編を載せときます。
これも消し線(斜線)は無視してくださいね(笑)



音楽、映画、本のカテゴリは、もう一つのブログ
【MUSIC RAIN-BOW】にあります♪

なるほど♪
タグが貼れない!(笑)こちらも、よろしければ♪ 





[READ MORE...]
左官職人 久住有生 from情熱大陸
まずは全体的な印象。
とにかく、よく笑う。笑顔。
一瞬のんきかと思うほどに(全くそうでは無い)
この理由はきっと記事の最後に分かると思います。

僕の左官職人のイメージは受身のイメージ。
言われた壁をその通りに塗る。

職人技であっても決して目立つことが無い。
もちろんどの世界も型破りな人はいるわけだけど
なかなかお目にかかる機会は無いわけで、

数年前に接した人々もそういう雰囲気だった。
良く言えば伝統。という事なのかな・・・

そんな思いの僕を見事にこの人は覆してくれた。
そして自分の仕事をやる意義を示してくれた気がする。

久住有生、34歳。
DSCN1241.jpg

左官業の家に生まれ幼い頃から修行させられていたと言う。
しかし、そんな父に反発し一時はパティシエを目指すものの
左官の思いが捨てられず飛び込む。
ちなみに自分の父親からの手ほどきは無かったそう。

その代わりの親方がいて、その親方は彼の父親から教わったらしい。
そこで一つの想いと技がつながっていた。


彼の仕事は実に細かい。そして速く、的確。
いくつかのブログを見てまわったが
仕事の仕方はかなり賞賛されていた。

仕上がりの早さ、美しさだけでなく
土壁の研究も怠らない。
殆どの職人が経験だけでざっと壁土を練るのに対し
(これはこれで凄い)

彼の場合、全てを正確に計る。
その仕事はまるでパティシエの様。
前のバイトがとても役立っているのだそうだ。

テレビで出てきたアメリカの職人も
早くて綺麗な仕事に、思わず



ジーザス・・・!



と一言。かなりビックリしていた。

彼は今、職人暦が16年。
もっとベテランの職人さんともなれば
彼くらいのこなしはするのかもしれないが、
彼の発想はやはりパティシエの如くオリジナリティがある。

伝統の技と豊かな発想によって、和にも洋にも対応し
実に個性的で美しい壁を紡ぎだすクリエイター左官なのだ(笑)

彼を必要としている人は多く、遠くアメリカにも呼ばれていた。
そんな彼の仕事を少しだけ。
テレビ画面を撮ったので美しさが分からないのが残念・・・。
DSCN1244.jpg DSCN1238.jpg


最後に彼の印象的な一言。

この言葉を素直に言える人がどれだけいるだろうか。
もちろん言えないと駄目って事は全く無いのだけれど
見た側として良い人生送ってるな、って素直に思った。
僕の気持ちとしてはそれが全てだ。






お客さんが喜ぶ顔を見ると


嬉しいんですよ。


でもね、自己満足の方が


多いかもしれません。


自分でやってて、


何よりも面白いから


好きなんですよ。


・・・


最高です!



弁護士 荒井祐樹 from-情熱大陸
発明対価200億認定訴訟・・・

2004年、青色発光ダイオードの訴訟に対する最高裁の出した判断。

この裁判に深く関わっていた男が弁護士の荒井祐樹(30歳)。
飄々とした空気を放ち、マイペースでクールな印象。

実はこの人は、これまでの新聞一面を飾るような
数々の発明対価訴訟に殆ど携わっているそうです。

20代の頃から年収は1億を越え、付いたあだ名が【異能の人】!

弁護士の父を持つ新井は父親との仲も悪く
地味で保守的な仕事というイメージで興味も無かったそうです。

学生時代はビジネスに興味を持ち、
親からの、お金の援助も無かった彼(父親と仲が悪かったため)が、
何故、弁護士になったのか。

それは、ある裁判の準備書案を見たから。
そこにある創造性と緻密さに感動。
そして、その書を作ったのが今の事務所の所長。

最年少で入り、今や所長の右腕を務める。
例の発光ダイオード訴訟では
企業を敵にまわすような訴訟だったため、
次々と、顧問を務める会社からも背を向けられ
収入の道を立たれながらも長きにわたり闘いぬいたそうです。

そんな彼の信念は【社会的意義があるかどうか】
それと、【弱者の側を助ける】。強者の側には興味無し。
公益的活動と位置づけてやっている 
との事です。

あと、彼の警察に対する見解でこういう言葉がありました。

『警察はある一定の推測の元に有罪という意図を持って
 証拠を集めていくので必然的にそのストーリーにあった
 モノしか集まらない。
 そこにある穴を見つけて批判を入れていく
 そうする事で事実認定の精度が高まる。』


活動の主なものとしての特許問題。
そこに関しては、いくら持っていたとしても
大手の企業が相手だと、
そのまま潰されてしまうケースが多々あるとか。

極端な話、収入が0でも構わないと言ってました。
実際家庭を持っているし、そうなるわけにはいかないでしょうが
僕には、ただの綺麗事には見えなかったです。

例えば料理人などが、お客様の笑顔のためにやってます!って言葉。
僕はあの気持ちが分かります。今の仕事やる前は、何言ってんだ?
って感じでしたが、実感する事が結構ありますよ。
綺麗事な人もいるでしょうけど、本気の人は必ずいると思います。

話は戻ります。
彼の凄さのポイントが二つ。それが、緻密さと明快さです。

いかに細かく書いて、尚且つそれをきちんと読ませ伝える。
裁判官に渡す書類は通常の5-6倍の厚さ。
それを分かりやすく読みやすく逃げ道の無いように作る。

これだけ書いていると、そりゃそうだろ?って思いますが
その中に異能と呼ばれる何かが入っているのは間違い無いでしょう。
彼曰く、これは裁判官に対する一種のサービスだと。
分かってもらえない裁判で勝てるわけが無い、と。

相手の立場や事情を考える事は殆ど無く、
スタッフに『性格悪いでしょ?』って聞いてました。
何故?って聞き返すと、『ヤクザな商売だから・・・』との事。

きっと、思っている所はあるんだけど信念があるから
それを支えにやっているんだろうな、と感じました。
クールさの下にある熱い何かが見えたような、そんな気が。

そんな彼も、たまにふと寂しくなるんだそうです。
毎日夜中まで何やってるのかな?幸せじゃ無いんじゃないか?と。
ただ、緊張感の無い生活はしたくないと思う。

そんな彼の印象に残った言葉







いつ死んでも悔いが残る


そんな人生を送りたい


常にやるべき事を持ち


それを追いながら


生きていきたい





順番逆だけど(笑)早いうちにアップします♪

現在下書き中:プロ自転車レーサー 別府史之
         :左官職人      久住有生  


音楽、映画、本のカテゴリは、もう一つのブログ
【MUSIC RAIN-BOW】にあります♪

参加中です!ポチッとよろしく♪
なるほど♪
タグが貼れない!(笑)こちらも、よろしければ♪ 
引越しの挨拶
始めのカテゴリ欄にもありますが、
【映画】【音楽】【本】のカテゴリを引越しさせました。

麻雀などから音楽まで両方読んでくださっていた方、
お手間ですが、両方よんでいただければ幸いです。

上記カテゴリ欄、リンクコーナーに
表記されてますので、遊びに行ってもらえたら嬉しいです♪
こちらにも一応♪

夜に今回のモンドの記事をアップさせる予定です。
ちょっとした麻雀の問題というか質問、
何切るなどを載せる予定ですので、よろしくお願いします。

ちょっと忙しいので日曜になるかもしれませんが
そのときは、ご容赦下さい。

問題にあわせて麻雀のミニコーナーを
作る予定になっていますので
良かったらコメントなどをもらえるとありがたいです。

これからもどうぞよろしくお願いします。

追記
すいません、更新は日が変わってからになりそうです・・・。



これからも、よろしくお願いします♪

タグが貼れない!(笑)こちらも、よろしければ♪ 



プロフィール

たろたろ.

Author:たろたろ.
焼菓子メインでケーキ作ってます。
ただいまやりたい事がありすぎて
パニック中!

音楽、映画、本のカテゴリは、もう一つのブログ
【MUSIC RAIN-BOW】に、引っ越しました♪
こちらの方もよろしくお願いします。

主な趣味
麻雀   (競技として純粋に好き 好き度No,1)
     
音楽   (聞く、見る、弾く) 
映画   (ほぼ毎週行きます) 
読書   (小説、漫画等何でも) 
食べ歩き (初めてのお店好き)

参加中です♪

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 囲碁・将棋・麻雀へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンクコーナー

麻雀ブログのリンク

麻雀プロ 吉田光太のブログ
勝ち組の麻雀 麻雀日記
かにマジンの麻雀やおよろず
かにマジンの麻雀よろず市場

日記等のブログリンク

十一月うさぎの気持ち
オモウラ日記
ブリランテサン

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

過去ログ

ありがとうございます!

ブログ内検索

カテゴリ目次(別窓)

"main"をクリックでカテゴリ別に見れます

ブログの更新率です!

こんにちは!

現在の閲覧者数:
無料カウンター

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。